日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

美肌をつくる、内・外からの秘密。自然派アイテムを気負いなく日常に - ダイエット美容家・本島彩帆里

産後20キロのダイエットに成功したことをきっかけに、同じような悩みを持つ人たちへそのメソッドを伝えていきたいと、Instagramなどで情報発信を始めた本島彩帆里さん。今ではダイエット美容家として、雑誌やセミナー、著書の執筆にと忙しく活躍されています。
前回は、食べたもの全てが身体をつくっていくと気付いた妊娠初期のお話をはじめ、本島さんのダイエットヒストリーを伺いました。
今回は、美肌に良い影響をもたらす食材や、ご自身のスキンケア法について教えていただきました。


―産後のダイエットに成功したことをきっかけにInstagramをスタートされたと前回お聞きしていますが、ダイエットによって、美肌への効果も感じられましたか?

そうですね、私のそれまでの肌を知っている人からは「本当に変わったね!」とすごく言われます(笑)。ケア方法もすごく変えたんですよ。

―どんなところを変えていったのか気になります。

洗顔やクレンジングを洗浄力の強いものをやめ、メークはミルククレンジングや泥で落とすようになりました。朝の洗顔は、泥やお湯だけで済ませていますよ。
メークを落とすときになぜそれを使っているかと言うと、肌の常在菌をすごく大事にしていて。常在菌バランスが崩れると乾燥もするし、しわやトラブルも発生しやすくなってしまうので、落としすぎないことを意識しています。


―落としすぎないというのがポイントになるんですね! 具体的には、どんな手順でクレンジングや洗顔などされていますか。

ミルククレンジングをした後に、もうちょっと洗いたいなと思ったら、「CLAYD」を使って泥パックしています。
肌のゴミなど重金属を吸着してくれるので、肌のトーンがとても上がるんです。美白化粧品を上回るくらいの実感があるほど。
CLAYDはパックとして使ってもいいし、入浴剤としてお風呂に入れてもいいし、砂なのでとても使いやすいんですよ。


―お風呂に入れても顔に塗ってもいい泥なんて、とても便利ですね!

そうなんです。あとはお風呂に、「リコエンザイムスパソルト」という硫黄のにおいが結構強い、ヒマラヤ原産の岩塩もよく入れていますよ。お風呂に入れると、浴槽のお湯全体が例えたら化粧水のような感じに、保湿力がすごく上がって。お水で溶いて、化粧水として使うこともあります。


―さっそく買ってみます!(笑) ほかに、そういった使ってみて良かった保湿のアイテムがあれば教えてください。

大豆のオイルが主に入っている「フェイスケアオイル」ですね。大豆オイルは、コラーゲンを支え、皮膚のハリや弾力を保つエラスチンの再生を助けてくれるといった研究結果もあって。私は夜に2プッシュほどを、顔全体に伸ばしています。
ほかには、発酵しているロー蜂蜜をパックとして顔に塗ることもあります。食品レベルに安全なものを選ぶようにしてます。


―本島さんは3歳の男の子のお母さんでもありますが、よく「子供ができるとなかなか自分のケアの時間が取れない…」という話も聞くので、普段のケアの時間は、どのように確保されていますか?

私は良いものは子供にも使えるものだと思っているので、一緒にやっています(笑)。結構ずぼらなタイプで、お風呂に入りながら泥パックをしたりだとか、ケアの工程も少ないんです。オイルもお風呂に置いていて、ぱーっと保湿して(お風呂から)出る感じですね。
デコルテも顔の延長だと考えていて、肩より上は全部一緒にお手入れしていますよ。

―そうすると、忙しいお母さんもストレスが溜まらなさそうですね! ここまでスキンケアアイテムを中心に伺いましたが、美肌におすすめの食材はありますか?

お肌や爪、髪の毛を作ってくれるのはタンパク質なので、お肉や卵といった動物性タンパク質をしっかり摂るようにしています。1回の食事でグー1個分くらいのタンパク質を摂るのがおすすめです。

―お肉の中でも、おすすめはありますか?

私はラム肉や鶏肉が好きですね。その動物が食べているものや飼育環境が不透明だったり、病気にならないために抗生物質を摂取していたりすることがあることを知っておく必要はあると思います。
なので可能な時は産地を選んで買ったり、飼育方法なども明確なものを選べる時は選ぶようにしています。


―そういうことがあるんですね・・・! 驚きました。お肉って皮だったり、結構脂分がありますけど、ダイエットのために油を減らしたりなど、おすすめの調理法はありますか。

油は、むしろ摂ったらいいモノも。サラダ油など植物性油脂などは避けていますが、オリーブオイルやココナッツオイルやバターも頻繁に使います。それがホルモンの材料になりますし、油は細胞一つ一つの膜をつくる材料になるので、必要なものでもあるんです。

―なんだか、考え方を変えなきゃいけない感じですね・・!

いろんな誤った情報も多いので、惑わされてしまいやすいところだと思います。


―ほかに、ダイエット中におすすめの食材はありますか。

ベビーリーフなど、緑の濃い野菜もおすすめです。なぜ緑の濃い野菜が良いのかと言うと、身体の毒素を吸着して出してくれるのって、クロロフィルという濃い緑の成分なんです。
あとは、お味噌やインドネシアのてんぺなど、発酵食品もおすすめですね。
お味噌は発酵を止めていないものを買うようにしていて、原材料の最後に「酒精」と書いてあると、発酵を止めているものだと分かります。発酵が止まっていない味噌ってだしを入れなくても美味しくて、うちでは九州の麦みそだったり、常時3種類くらいを用意して楽しんでいます。
また、お豆がぎゅっとなった蒸した大豆のような味のてんぺは、砕いてサラダに乗っけてもいいし、ハンバーグに入れてもいいし、ミキサーでカクハンしてアボカドと混ぜたらディップにもなりますよ。


―やはり摂ったもの全てが身体をつくっていくということで、食材選びは大事にしていきたいと思います!

いきなり頑張りすぎて続けられなくなるのはもったいないので、まずは添加物を辞めてみるなど、できることから始めてみてくださいね。


日常のケアアイテムやおすすめの食材をはじめ、本島さんのキレイの秘密をたくさん教えていただきました。ベビーリーフやてんぺは使い勝手がよく、日常の食事にも取り入れてみたいですね。
次回は日々を心地よく暮らすための、心の声との向き合い方についても伺います。お楽しみに。

商品情報

  • 「CANISTER SET」(¥11,500(税抜)※1kg×1袋・専用ボトル/CLAYD)
  • 「リコエンザイムスパソルト」(¥1,620(税込)※500g、参考価格)
  • 「オーガスト オーガニック フェイスケアオイル」(¥8,640(税込)/アビオス)
※価格はすべて編集部調べ




本島 彩帆里

ダイエット美容家

元エステサロン店長。産後20キロのダイエットに成功したことを契機に、Instagramを中心として美容情報の発信を開始。現在はダイエット美容家として雑誌等のメディア出演をはじめ、著書の執筆やセミナーでの登壇、セレクトショップ「サオリマルシェ」の運営と、幅広い活動を行っている。著書に「がんばれない私を180度変える やせる ♯ほめぐせ」(ワニブックス) など。

Instagram https://www.instagram.com/saoooori89/
ブログ https://ameblo.jp/saoooori89/

Posted:

2017/08/28

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事