日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

おおらかさを身につけて、内側からも美しく – 美容家・石井美保

現在41歳ながら、うっとりするようなツヤ肌をお持ちの美容家・石井美保さん。確かな美容の知識をもとに、麻布十番でのトータルビューティーサロン「Riche」の主宰のみならず、美容家としても多数の女性誌で活躍されています。
前回までに、石井さんが美容の道に進まれるまでのお話や、お肌のケアで大切なこと、具体的なスキンケアのポイントまでを伺いました。3回目となる今回は、スタイルキープの秘けつやご自宅でのリラックス法、おおらかな精神に関するお話まで伺っていきます。


―今回は、石井さんのスタイルキープのための習慣から伺っていきたいと思います!

日常で気をつけていることは、サロンでの施術中に下半身をしっかり安定させることです。足元は踏ん張って、お腹に力を入れています。サロンのスタッフの子たちにもよく「足!」と言っているんですけれど(笑)、そうしないとサロンの仕事は肉体労働なので骨格も曲がるし、どんどん姿勢が悪くなってしまう。まずは足を固定して、意識は下半身に向けて、手先は軽くというのを心掛けていますよ。

―長い時間を過ごす時の姿勢って、とても大切ですよね。石井さんの足のケアについても教えてください。

私はよく「足をどうやってキープしているのか」ということを聞かれるんですけれど、これはひとえに20年間、11cmのヒールを履き続けているから。毎日違うものを履いてしまうと、その日使う筋肉があちこちずれてしまう。そうすると全体的に太くなってしまうので、これと決めたら毎日その高さを履くことがおすすめです。その高さの筋肉がついていって、いろんなところにつかなくなるのでおのずとスラッとなるんですね。

―ヒールは日常的に筋トレをしているような感じにもなりそうですね。

そうです。これで私は電車にも乗りますし、電車で筋トレもしていて(笑)。もちろん危ない時はつり革につかまりますが、15分くらいの道のりをヒールで立って、お腹に力を入れて、おしりの穴もきゅっとしめているイメージ。この状態で立って転ばないようにすることが、下半身の強化にもなっています。


―ご自宅でのリラックス法についても教えてください。

まず、香りです。私はサロンではお客様への施術があるので、香りはつけないようにしていて。自宅に戻ってお風呂に入ってから、リラックスした状態でその時につけたい香りを選んでいます。普通は人に会うためにつけると思うんですけれど、私は一人の時間に香水を選んでつける。おのずとリラックス系の香りだったり、自分が安心するようなサンダルウッドなどの香りを選んでいますね。寝る時も、その香りで安心して眠るという感じ。仕事から帰ってきたら必ず香水をつけていて、それが脳的にもオンオフになっているのかなと思います。

―香りで気持ちを切り替えていらっしゃるのですね。サロンの経営や美容家としても多くのお仕事をされている中で、石井さんがどのように気持ちを切り替えているのか、とても気になっていました。

大概のことをスルーする、というところでしょうか(笑)。以前は一つ一つのことに100%で向き合って“どうしよう”と、ムキッとなってしまうこともありました。でも、結果的に人生が終わってしまうようなトラブルは起こらなかった。だから今は何とかなるでしょうというふうに、いちいち動じるのをやめてみたんですね。そうしたら、そんなにストレスがないんですよ。もちろんトラブルは日々あるんですけども(笑)。


―そう思うに至ったきっかけはあったのでしょうか。

やはり、お客様との出会いが大きいです。麻布十番のサロンにはさまざまな世代の方がいらしてくださっていますが、素敵な方がとても多いんです。ポジティブに生きているお客様と接することによって、ネガティブな人とポジティブな人でどう考えても人生で得ているものが違うなと気がつきましたし、寛容さも大切だと感じました。

―確かに、ポジティブな人とは自然と一緒にいたくなりますよね。

例えば予約の取り間違えなどでこちらに阻喪があったとしても、非常にお忙しくされていてなかなか来店できない方なのに、「しょうがないわ」とおおらかにスルーしてくださる。なんて素敵なんだろうと思いましたし、私はそちら側になりたいなって。そういう方たちを尊敬して生きてきて、まだそこまでにはなれていないですけれど、いちいちムキッとならないスルー力をつけたいなと思っています。


―最後のご質問になりますが、「日本すっぴん協会」読者へのメッセージをお願いいたします!

自分の肌を好きになれると、人生も変わってくるんじゃないかなと思うんです。例えば今ある環境が気に入らなかったとしても、お肌を優しく包んであげて、ちょっとつるんとなって透明感が出てきたりすると、意外と環境が変わらなくてもそんなに苦しくなくなったり、“なんてことない、頑張ろう”と前向きになれたりすることがあると思うんですね。自分を幸せにしてあげるためにも、肌を優しく、大事にしてあげてほしいなと思います。


今回も3回にわたり、美容家・石井美保さんにご自身の肌歴や美肌の秘けつをはじめ、スタイルキープや気持ちの切り替え方までをお話しいただきました。寛容さも身につけながら、外面からも内面からも美しさを磨いていきたいもの。石井さん、たくさんのキレイの秘密を教えてくださり、ありがとうございました。



石井 美保

美容家
トータルビューティーサロンRiche主宰

1976年生まれ。2005年より麻布十番でまつげサロンを経営し、アイリスト育成の傍ら、豊富な美容知識を生かしたメイクレッスンや美容カウンセリング、パーソナルコンサルティングなどを行う。美容に関する深い知識を生かし、現在は美容家としても多方面で活躍中。著書に「石井美保のSecret Beauty」(宝島社)など。

Instagram https://www.instagram.com/miho_ishii/
ブログ https://ameblo.jp/riche-miho/

Posted:

2017/10/30

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事