日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

口角はいつも上げておく努力を。モデル・里海のハッピーオーラの秘密

このページは、メークをして撮影しています。


「Domani」や「CLASSY.」など多数誌で活躍し、そのファッションセンスが多くの女性からの支持を集めているモデルの里海さん。
前回はそんな里海さんに、お肌との向き合い方やエイジングに関するお話などを伺いました。今回は、スタイルキープのポイントやハッピーオーラの秘密について伺っていきます。

小さな喜びを重ねていくことが、スタイルキープのポイントに!


―今回は、スタイルキープに関するお話から伺っていきたいと思います。よろしくお願いします。

里海さん:私はそんなにストイックではないんですけれど、性格的には区民ジムみたいなところでコツコツと腹筋したり、ひとりでゆっくり楽しむ方が向いているみたいで(笑)。
犬を飼っているので、毎日のお散歩も日課ですね。愛犬とダッシュしたりもしますし、日常にちょっと運動を取り入れている感じでやっています。

―無理のない感じでうまく続けていらっしゃるんですね。

里海さん:普段の姿勢もなるべく意識するようにしていますよ。座っているとついつい姿勢が悪くなりがちですが、「あ、姿勢よくしないとな」と思いなおして食事をしたり。そうするだけで使う(身体の筋肉の)個所が変わって、次の日お腹が少しへこんでいるなとか、ちょっと違う感じがするんです。
それくらいの小さい喜びでいいかなと思って、日々続けています(笑)。


一番のリフレッシュは動物と触れ合うこと


―里海さんはInstagramなどを拝見しても、とても自然体な感じでキラキラされていて、ハッピーオーラに溢れている方だなと。その秘訣は、どんなところにあるのでしょうか?

里海さん:私は31歳になったんですけれど、本当に、無理して自分に合わないものを取り入れるよりも、好きなことをして生きていた方がいいなと思っているんです。
結構自由に好きなものも食べますし、海外旅行が好きなので、海外に半分行ったりする月も。そこで一度リフレッシュしてから東京に戻るみたいな感じですね。

―うまくバランスが取ってらっしゃる感じがします。

里海さん:Instagramもいろいろ載せなくちゃというよりは、「そういえば1年前はお花にハマってたなぁ」とか、自分自身のメモリーみたいな感じで楽しんでやっている部分が大きくて。

あとは、動物と触れ合うことが私のリラックス法! 自宅の動物もそうですし、公園にお散歩に行けば同じマインドの人たちと新しい会話も生まれたりして、落ち込みモードもリフレッシュできるんですよね。



いつ見られても、口角が上がっている私に


―最後に、美肌を目指す読者へのメッセージをお願いします!

里海さん:私は、マイナス思考をプラス思考にするっていうのを意識していて。口角も、いつも上げるように気をつけています。
小さいときから「口角をあげていなさい」と母に言われていたんですけれど、こう、ぱっとすれ違った時に(口角が)下がっていたり、怒っている感じの人よりも、人から見られた時にいつもちょっとニコッとしているような人でいたいなって思っています。

―そういった自分の方が、自分自身のことを好きになっていけそうですね。

里海さん:例えば肌荒れですっぴんの状態が良くないという時でも、なるべく自分に自信を持つようにして、それを自分自身で良いふうに変えていけるといいんじゃないかなって。
そんな自分も好きになっていけたらいいなと思って私も頑張っています!



里海

1986年3月30日生まれ。東京都出身。「Domani」(小学館)や「CLASSY.」(光文社)、「steady.」(宝島社)などのファッション誌で幅広く活躍するほか、「東京ガールズコレクション」「神戸コレクションコレクション」などコレクション出演も多数。カラーコーディネーターやインテリアコーディネーターなどの資格を保有し、持ち前のファッションセンスに定評がある。自身のライフスタイルを載せたInstagramも人気を博している。

Posted:

2018/01/17

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事