日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

もっちり発光肌の秘密は肩ひじ張らないゆる美容。心地よくキレイを育んで– 千国めぐみ



水分をたっぷり含んだ、内側から発光するようなもっちり肌をお持ちのモデル・千国めぐみさん。豊富な美容の知識を生かし、SNSでは独自視点の美容情報も多く発信されています。
千国さんにお話を伺ってみると、美しさの秘訣は自分を知り、肩の力を入れすぎない美容法にあるようでした!


無類の美容好き。保有資格は9つ!

―化粧品成分上級スペシャリストや薬膳漢方検定など、美容に関する9つの資格をお持ちの千国さん。これはもう、美容おたくと言っても過言ではないですね?(笑)

千国さん : そうですね(笑)。私は中学生になる以前から美容に興味があって、母のものを使ったりしていました。興味は元々あったんですけれど、そこまでトラブルというトラブルはなかったんです。でも、大学生になって初めて、吹き出物が治らない感じになって。

―その時はどのように改善していったのですか?

千国さん : 当時“洗わなくても大丈夫”というようなミネラルファンデーションが流行ったんですけれど、私はあれを真に受けてしまって(笑)。洗わずに寝てしまったり、食生活がしっかりしていなかったこともあって、少しアレルギーっぽい感じになってしまったのかなと思っています。
なので、まずはメークを落として寝るということ、あとは運動をしないと血のめぐりが滞って、肌の状態にも影響してしまうので、ヨガをもう5~6年続けています。冬の時期だと、陽の気を使いすぎないストレッチ系や骨盤系のヨガがいいですね。あとはやっぱり、食生活が一番大切だなって。


普段の食事に薬膳を取り入れて

―食べるものがお肌をつくっていくって言いますもんね。

千国さん : 私は普段の食事に、薬膳のものをなるべく入れるようにしています。例えば昨日は、ネギ・鶏肉・塩レモンとチンピ、クコの実、あとは小松菜を細かくしたものを入れて、スープにしました。私はいろんなものを漬けるのが好きみたいで(笑)、手作り酵素をつくったり、レモンもいつも漬けています。お鍋も大好きなのでよく作りますが、だしと塩レモンをベースに、味噌と柚子胡椒を溶かして漬けダレにして食べると、とっても美味しいですよ。


UVケアは、守ったら堂々と!

―とっても美味しそうです・・! 千国さんは、UVケアはどうされていますか?

千国さん : 毎日UVの化粧品は使っていますが、私は人の健康のためには、日差しは浴びた方がいいと思っていて。守ったら、あとは堂々とするようにしています(笑)。美白ケアとしては「ルミキシル クリーム」が気に入っていて、長く使っていますよ。

―スキンケアでは、どのようなことを大切にされていますか。

千国さん : その時の肌の状態に合わせて、スキンケアは日々変えています。あとは毎日、すごく見る(笑)。

スキンケアは、真っ先にお肌に入れたいものから。毎日肌を触って確かめて

―毎日同じアイテム・同じケアというより、その時々の肌の状態に合わせてスキンケアを変えていくということですね?

千国さん : そうです。私はスキンケアの順番も、時々で真っ先に肌に入れたいものから使うので、ルーティンは決めていないんです。
毎日触ってお肌の状態を確認するんですけれど、ごわついていないかや、中が硬い感じ・乾燥した感じになっていないか、普段からじっくり見るようにしています。

―ごわついているなと感じた時は、どんなケアをされていますか。

千国さん : ごわごわしている時は、ターンオーバーがうまくいっていない時。皮膚科でもらった薬を部分的に使ったり、いつもより運動するようにしています。あとは「万夢玉」という絹のスポンジが好きで、鼻やアゴなどの角質が気になることが多いんですけれど、くるくると表面の角質を取っていくように使っています。そうすると、普段のケアもやりやすくなるんです。


肌トラブルは、なるべく気にしない!

―お肌にもアップダウンがありますが、自分の肌と向き合っていくコツについてはいかがでしょう?

千国さん : トラブルが起きてしまった時は、なるべく気にしないこと! 治ると思って過ごした方がいいですし、できてしまったものを治すのは、皮膚科の薬が一番。一度は皮膚科に足を運んで薬をもらっておくことも大事かなと思います。あとは、ちゃんと良いものを食べて、しっかり寝る(笑)。

―千国さんは肩の力を入れすぎない美容をされている感じで、参考にしていきたいです。自分と向き合っていくコツについても教えてください!

千国さん : 私も結構気持ちのアップダウンはあるんですけれど、無理して隠したりはしないようにしました。悩んでいる時は、悩んでいる気持ちと向き合うことも大切だなと。
また、私は毎日家でお茶をする時間が必ずあります。これがオンオフの切り替えになっていますし、自宅で飼っている犬と猫と一緒にごろごろするのも好きですね(笑)。無理をせず、毎日を心地よく過ごしていけたらいいなと思っています。


千国めぐみ
1988年7月5日、埼玉県生まれ。
「mina」(主婦の友社)、「with」(講談社)、「steady.」(宝島社)でレギュラーを務める。ほか「美的」(小学館)、「MAQUIA」(集英社)など雑誌出演多数。
アロマテラピー検定1級、アロマセラピスト、化粧品成分検定1級、化粧品成分上級スペシャリスト、美容薬学検定1級、漢方養生指導士、薬膳漢方検定、コスメマイスター、スキンケアマイスターの資格を保有し、美容に関する幅広い知識を持つ。

Posted:

2017/10/31

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事