日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

忙しい時でも自分を大切にする時間をもって、心を豊かに - 女優・鈴木ちなみ


ヘルシーなショートボブからのぞくすっきりした首筋と、長く伸びた手足がキラリと光る鈴木ちなみさん。2008年にモデルデビューし、その後はバラエティーやドラマでも幅広く活躍されています。撮影当日は現場入りすると、「日本すっぴん協会」スタッフとも気さくにお話くださり、その可憐さと気さくさに早くも心奪われてしまいました! 今回はそんな幸せオーラ溢れるちなみさんに、美肌のための食事習慣をはじめ、普段のスキンケアやスタイルキープの秘けつ、理想の女性像までを教えていただきました。2回に分けてお届けします。

お砂糖を控えて、首のラインがすっきり


―まずは美肌のための食事のお話から伺いたいと思います。普段の食生活では、どのようなことに気を付けていますか?

私は気を付けないと3食フルに結構な量を食べられてしまうタイプで、よくお仕事で地方にも行きますが、出張先でも周りの方から何が美味しいのか事前に伺って、冷静な気持ちでメニューを見るようにしています(笑)。腹八分を意識していて。

―確かに、ついつい頼み過ぎちゃうことってありますよね。たくさん食べたのに、その後甘いものまで食べてしまったり(笑)。

実は、ちょうど去年(2016年)の10月ころから、極力砂糖を摂るのを控えているんです。最初の2週間くらいは、ご飯を食べたあとに甘いものを食べないと気が済まなくてすごく苦痛だったんですけど(笑)、だんだんと、そんなに身体にとっては必要なものじゃないということが分かってくると、それだけで周りの方から「痩せた?」と聞かれたり、首のラインがすっきりして、むくんでいたんだなと思いました。


―お砂糖と辞めると、それだけですっきりしたりするものなのですね! 甘いものって食後の習慣になりがちですけど、気を付けていきたいところです(苦笑)。ちなみさんは、ご自宅では自炊派でしょうか?

一人で食べる時には、ほぼ自炊するようにしています。今日もお昼ご飯を作って食べてきて。ひとつはキュウリとセロリとみょうがを切って塩麹で和えたもので、一回の食事でお肉一品、野菜二品が目安。お肉は、ベーコンやハムなど加工したものよりも、ちゃんと生のお肉を買ってきたものを調理して食べるようにしていますよ。

料理のきっかけは、可愛い器でした(笑)


―キュウリとセロリとみょうがの和え物、とっても美味しそうです! 食べるものが身体やお肌を作ると言いますし、自炊は大事ですよね。昔からよくお料理はされるタイプでしたか?

一人暮らしを始めて9年くらい経つんですけど、最初は全然お料理ができなかったんです。(当初は)自分の身体や肌をコントロールするために料理をしたいなというのがあったんですけど、それよりも、なんだか器が可愛くって(笑)。
食事をする時の器がちょっとずつ気になり始めて、例えば焼き魚をのせるこういう器が可愛いなとか、ファンの方からハート型の器をいただいたりとか、これに何かのせたい!と思った時に、じゃぁこういうのを作ってみようかなという感じで(レパートリーが)広がりました(笑)。

―お皿を好みのものに変えると、気分も見栄えもすごく変わったりしますよね!

華やかになって、美味しい・身体にいいだけではなくて、出来上がりも見て納得できるんですよね。
私は忙しく仕事をしていたとしても、家にいる時間もすごく大事にしていて。以前は疲れて寝てしまったりということも多かったんですけど、例えば自分のために料理をするとか、ボディクリームを塗ったりとか、そういうことをするだけですごく心が豊かになるなと思いました。



スキンケアは、する時の気持ちも大事


―たとえ短い時間であっても自分を大切にしてあげる時間をもつことが、心のためにもなりますよね。次は、スキンケアのお話についても伺っていきたいと思います。ちなみさんは、スキンケアではどのようなことを大切にされていますか。

まずメークをちゃんと落とすこと。あとは忙しくても丁寧に、保湿の工程は減らさずしっかりやるようにしています。
また、私はスキンケアする時の気持ちも大切だと思っていて。例えば「お疲れさま~」とか、「明日も頑張ろうね」って思いながら、スキンケアをゆっくりするようにしています。

―同じものをつけるのでも、つける時の気持ちでだいぶ変わったりしますよね。

ありますね! あとは同じものでも、夏と冬でスキンケアの量って違うと思うんです。
私は保湿は「DHC エラスチン コラーゲン セラミド プラセンタ フレッシュローション [F1]」から「DHC プラセンタ2 ヒアルロン酸4ウォータージェル [F1]」、「DHC プラセンタ コラーゲン オールインワンジェル [F1]」の順で使っているんですけど、1年を通して同じものを使うことで「今は乾燥しているな」とか、「ちょっと肌が整っていないな」ということに気が付けるようになって。


以前はホルモンバランスが崩れてニキビができてしまうこともあったんですけど、同じものの量を変えるスキンケアや食事、睡眠を意識することで改善されていきました。これがあると安心という感じで、出張中も小さいボトルに詰め変えて使っているほど(笑)。
あとは、目指せ2リットルで、お肌のためにお水も意識してたくさん飲むようにしています。

究極のリラックスタイムは、キャンドルを焚いてストレッチ


―スキンケアでも普段の生活でも、自分をケアしていく時間も大切にしていきたいものです。ちなみさんは、リラックスタイムはどのように過ごされていますか?

究極のリラックスは、キャンドルを焚いてストレッチをすることです。部屋の明かりを全部消してストレッチしていますが、頭がぐらぐらするくらい、すごく気持ちがいいんです。その時の気分によって洋楽やクラシックをかけていますよ。



境目をつくらず、いつでも自分らしく


―身体も伸びるし、とってもリラックスできそうです! ちなみさんが一番自分らしくいられる瞬間というのは、どんな時でしょうか?

私はむしろ、こういう場所だからこういう自分にしなきゃということがあんまりないんです。テレビに出ている自分もご飯を食べている自分も、全部ひっくるめて自分で、あんまり分けないように、いつも自分らしくいられるように心掛けています
そう思うようになったのは、海外ロケをするようになってからで(※CX「めざましどようび」“TOP OF THE WORLD”に2012年4月~2014年3月レギュラー出演)。朝から日が暮れるまでずっと撮影しているんですけど、カメラが回っていない時でも、自分がその時にどれだけ広い心のアンテナを張って景色を見たり、周りの方の話を聞いて情報を集められるかだったり、キャッチできるかというのがすごく大事で。そこからあんまり境目がなくなっていきましたね。


鈴木ちなみさんの美の秘けつを教えていただきました。忙しい時こそ自分を慈しむ時間を大切に、美を育んでいきたいものです。次回はスタイルキープの秘密や理想の女性像についても伺います。お楽しみに。



鈴木ちなみ

1989年9月26日生まれ、岐阜県出身。岐阜県観光大使を務める。
「with」(講談社)、「美人百花」(角川春樹事務所)レギュラーモデル。
「デルサタ」(メ~テレ、毎週土曜6:00‐8:00生放送)でメインMCを務めるほか、「スタイルプラス」(東海テレビ、毎週日曜12:00‐13:45生放送)や「世界ふしぎ発見!」(TBS、毎週土曜 21:00-22:00)、「ひるブラ」(NHK、毎週月火水 12:20-生放送)などテレビ出演多数。
DHCの[F1]シリーズ イメージキャラクターを務める。

Instagram  https://www.instagram.com/chinami_suzuki0926/
ブログ https://ameblo.jp/suzuki-chi/

Posted:

2017/09/11

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事