日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

ゆらぎ予備軍を防ぐ、季節の変わり目ケア

ゆらぎ予備軍を防ぐ、季節の変わり目ケア

早咲きの桜を見ると
まだ肌寒いながら春を感じる今日この頃。

湿気も少しずつ増えてきて
お肌も冬の乾燥から救われる〜と期待したくなるけれども
やはりやってきました、
季節の変わり目あるある“ゆらぎ肌”

『ゆらぎ肌』とは美容用語で、いつもと同じケアをしていても肌の調子が悪くなったり、そうかと思えばもとに戻ったりと、肌の状態が変わりやすいこと。


3月4月、いろいろな別れや出会いも感じる時期、肌はゆらぐことなく凛としていたい!そのために必要なことを、3つチェック。


1.いきなり保湿を軽めにしない


冬はもう終わりでしょ?といきなりクリームをやめたり、化粧水の量を極端に減らしたり、マイナスしすぎないこと。
紫外線が徐々に強くなっている=肌も乾燥しやすくなっているので、化粧水はしっかりと浸透させ、肌の調子を見ながら乳液やクリーム量を調整して、「水分油分」セットの保湿ケアを。


2.去年の日焼け止めを使わない


コスメも開封後にはだんだん品質がおちていくもの。開封後1年間で使い切るのがベストと心にとめて、適量を毎日使うことも美肌ポイント。

保湿力の高いもの、肌のトーンアップ効果があるもの、など「スキンケアとメイク効果両方が叶う」下地やBBクリームがオススメ。


3.毎朝の肌チェックを日課にする


季節の変わり目にとくに大切なのが、”毎日の肌チェック”。
ゆらぎやすいからこそ、細かな変化に対応してあげるのが大切。そうすれば、肌が大きくゆらぐことはまずないのです。

肌チェックの方法でわかりやすいのは、保湿後、ベースメイクをした時。なめらかにすっとベースメイクがのれば安心。
逆にいつもよりすべりが悪かったり、パーツでムラができるようならゆらぎの予感。
シートパックをプラスしたり、化粧水か乳液の量を増やしてみて実験してみて。そうすると、不安定なとき自分はどんなケアをすればいいか?が見えてくるから。


フルーツが美味しい季節になるので、ビタミンを苺やオレンジで摂ったり、野菜にオリーブオイルをかけて内側から保湿するのも効果的。

季節をつなげるスキンケアをすることで、春のときめきをより一層楽しめるはず!

岡本 静香

岡本 静香

@shizukotoba岡本静香Official Web Site

学生時代に始めた美容ブログ『静香のメイク日記』が女性からの絶大な支持を得て、美容ライターとしての活動を開始。集英社PINKYのライターアシスタントとして学んだ後独立し、現在は若手美容家として活躍中。美容サロンの主催や、雑誌の連載多数。 独特の世界観を持って綴る美容コラムやSNSでの動画発信が人気を集めている。

Posted:

2017/03/15

Author:

岡本 静香