日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

おしゃれな朝には卵かけごはん!見直したい卵の美容効果

ファッションと同じく流行のある「朝食」事情。おしゃれな盛り付けと聞き慣れないメニューが流れてくるモデルさんのInstagramアカウントを見て「私もいつかこんな暮らしを…!」とキラキラした心を持つものの現実はそんなに優雅にしていられない、朝という戦い。
当たり前のようにお味噌汁とごはんを毎日きちんと食べている実家暮らしの人もいれば、食パン一枚とかコンビニで買った栄養機能食品で済ませる忙しいひとり暮らしさんもいる。
さてここで思う。
輝く白米に新鮮な卵をのせて、あとは好みの調味料をかけるだけ。卵かけごはんというまっすぐでシンプルなメニューを見直したい。

TKG1
炭水化物抜きダイエットも流行ってはいるけど抜き過ぎは禁物。お肌も心も荒れるしリバウンドだって恐ろしい。
バランスよく、ほどほどにということ。太りたくない!というのであればシンプルで質素な生活さえしていればよかったりもする。油や砂糖を使って工程を増やした料理はもちろんカロリーも増えているわけだし、洋食ってのはそこそこ大敵。昔ながらの和朝食って最強です。3分で準備可能な卵ごはんって最強です。
さて、卵の美容効果を書きだしてみよう。

◼︎なんといっても良質なタンパク質

卵に豊富なタンパク質。タンパク質が足りないと、筋力・代謝が低下してしまい脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。脂肪燃焼だけでなく美肌や美髪のためにも大事なタンパク質をしっかり摂るって超大切。

◼︎アミノ酸スコア100点満点!

そしてそのタンパク質を構成しているのがアミノ酸。食物に含まれるアミノ酸のバランスを数値化した「アミノ酸スコア」が卵はなんと最高点の100点! アミノ酸はお肌に大事なコラーゲンの素にもなります。

◼︎豊富過ぎるビタミンやミネラル

さらに卵にはビタミンA・B群・E・葉酸、鉄亜、鉛、カルシウムも含まれています。
え、なんだかすごいって思いません? そう、卵は「完全栄養食」って呼ばれているんですって。

あの小さな球体の中から、1羽の鳥さんが生まれてくるっていうんだからそりゃバランス良く栄養がつまっているわけだよね。
サプリメントに頼るよりも、食材のありがたみを感じながら、おいしいごはんで笑顔いっぱいの1日をはじめたい。そう思うのです。
インスタントでも良いからお味噌汁を添えればなお素敵。お味噌汁から摂取することで血糖値の上昇を抑えられるのでいきなり白米をかきこむよりも太りづらいです。知識を増やして正しく楽チンな美容ライフを送りたいですね。

 TKG2

小鳥遊 しほ

小鳥遊 しほ

@SHIHOtakanashiInstagram

イラストレーター、コラムニスト、フードコーディネーター、モデルとして活躍。美容師免許・調理師免許・ダイエット検定1級をもつ。雑誌やネットコラムの連載をはじめ、ブランドコラボやトークイベントの出演など幅広く活動。著書「くまっているのはボクなのに。一問一頭」(KADOKAWA)が好評発売中。

Posted:

2016/09/26