日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

肌レスキューはドクター頼り。[高山都]

高山都2
ニキビ(…大人になると吹き出物と言う)ってどうしてますか??

出来るだけ予防はしたい。

メイクはきちんと落とす

よく寝る

脂っこいものや甘いものを控える

湯船に浸かるとか、運動などで汗を出す習慣を作る

などは、対策として挙げられます。
が、出来てしまったら、痕を残さずキレイに治したい。
先日、ワタシの眉毛の下に出来たニキビ(吹き出物)が毛穴から菌が入ったようで悪化。

赤くプクーっと腫れました。

そんな時は、駆け込むのが皮膚科。

先生に診てもらって、適切な処置を受け、お薬もらうのが美肌への1番の近道。

針で潰され、抗生物質を塗られ&薬も服用。

おかげで、こんな絆創膏姿。

高山都
今では殆ど痕も残らずキレイになっていってます。※最初の写真参照。

信頼できる皮膚科の先生を見つけると、色んな時に頼れます。

例えば、日焼け。

ワタシは、フェスもマラソンもライフスタイルの一部なので、日焼けはいっつも課題なのだけど、避けても焼けてしまうんですよね…。

そんな時、うっかり日焼けした場合、ワタシはまず皮膚科に行きます。

そして、先生に相談し、日焼けに効くビタミン剤を処方してもらいます。

日焼けだけではありませんが、いまは肌の代謝を促す5種類を飲んでいます。

ハイチオール、シナール、ハイボン、ユベラ、チョコラA

夏も冬も飲んでいるんだけど、そのおかげか、夏場の日焼けも、寒くなった頃にはだいぶ白さが戻り肌の代謝を体感しています。

先生に相談すると、色々教えてくれるので、ぜひ信頼できる“話せる先生”を見つけてみてね。

美肌レスキュー隊は何でも相談出来るドクターにあり。

高山 都

高山 都

@miyare38 Instagram

モデル、女優として活躍しながら、フルマラソン3時間41 分のベスト記録を持つ。 6万人以上のフォロワーをもつInstagramでは、ファッション、ランニング、日々のごはんなどを披露。

Posted:

2014/07/15

Author:

高山 都