日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

簡単に手軽に濃い色野菜とりましょ[高山都]

みやれゴハン1
ゴハンのはなし。

バランスのよい食事が美を作るとは言うけど、そもそもバランスって…考えるのが面倒だなーって人も多いと思います。

ワタシ的に、GOODバランスとは…

色の濃い野菜が入ったメニューが一品あれば、それなりに合格点は取れている気がするんです。
緑黄色野菜と言われる野菜には栄養価が高いものが多いので…。
なので、うちの冷蔵庫には常備してあります。
例えば、暑くなると定番の素麺。

もはや、日本の夏の主食と言っても過言ではない。

が、これ一品だと“炭水化物のみ”になって、バランスが良くない。

でも、素麺を茹でるお湯で、まず小松菜やほうれん草などを2束ほど茹でてザルにあげ、そのままそのお湯に素麺を投入すれば、簡単だし、時間もかかりません。

小松菜とかほうれん草は、見てのとおり緑が濃い野菜なので、少し添えるだけでも、栄養バランスはぐんと上がるし、見た目もいい。
そのまま、つゆに浸して食べると、即席お浸しのような感じですね。

みやれゴハン2
これぐらいの手間なら、疲れて帰ってきた夜でも、パパッと濃い色野菜が摂れる。
が、もう少し料理する意思も時間もあるって人にオススメの和え物を紹介します。

1.生姜2cmをみじん切りにする

2.ポン酢とお砂糖(または、みりん)を2:1ぐらいのバランスで混ぜる。

3.ラー油を適量たらす

4.いりごまをスプーン1ぱいほど入れる

辛いのがお好みな人は、輪切りの鷹の爪を入れても◎

このタレで茹でた野菜を和えるだけ。

この即席ピリ辛ジンジャーソース、驚くほど使えます。

野菜はもちろん、お豆腐や茹でたお肉にかけても美味。

みやれゴハン3※これは、茹でたキャベツと千切りにした大葉を、このジンジャーソースで和えるもの。

 

ポイントは生姜。
体を温める野菜なので、夏の冷房の冷え対策にも良いんです。
代謝も上がるので、ダイエット効果も期待。

あと、ラー油も是非入れてもらいたい。コクがプラスされます。

分量慣れれば、素麺茹でてる間に出来ちゃいますよ。

あと、素麺の薬味には、大葉がオススメです。
抗酸化作用など、美肌効果がたくさんある野菜なので、この時期せっせといただきたい。

 

肌は外からだけでなく、内からも作るもの。
出来るだけこまめに野菜を摂ることで、肌の透明感やツヤも変わってきます。
腸の調子もよくなるので、吹き出物も出来にくくなったり、肌荒れも改善されたりするんですよ。
簡単ソースで、時短で手軽に野菜いただきましょ。

高山 都

高山 都

@miyare38Instagram

モデル、女優として活躍しながら、フルマラソン3時間41 分のベスト記録を持つ。 6万人以上のフォロワーをもつInstagramでは、ファッション、ランニング、日々のごはんなどを披露。

Posted:

2014/06/19

Author:

高山 都